初めてこのホームページにアクセスされる皆さんのために、「ボーイスカウトって、何?」という素朴な疑問にお答えしておきます。

「ボーイスカウトは、健やかな子どもを育成する世界的な運動です。この運動は、1907 年イギリスのブラウンシー島で行われた小さなキャンプからスタートしました。かねてから少年たちの教育に大きな関心を持ち、このキャンプを主宰したイギリスの退役将軍ロバート・ベーデン- パウエル卿は、インドや南アフリカでの体験をもとにさまざまな野外教育を通じて、少年たちが男らしさを身につけ、将来社会に役立つ人間に成長することを願い、20 人の子どもたちとともに実験キャンプを行いました。このキャンプの体験をもとに、翌年「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどの中で発揮させ、「遊び」を通して少年たちに自立心や、協調性、リーダーシップを身につけさせようとしました。これがボーイスカウト運動の始まりです。」(日本連盟のホームページより抜粋)

ボーイスカウト運動の「目的」は「青少年が個人として、責任ある市民として、地域、国、国際社会の一員として自らの肉体的、知的、情緒的、社会的、精神的可能性を十分に達成できるように青少年の発達に貢献すること」です。(世界スカウト機構憲章、第1章、第1条、目的より)つまり、健全な青少年育成のための教育運動なんですね。キャンプやハイキング、募金活動などは、その目的を達成するための「手段」だと考えて下さい。

「教育」は学校だけの専売特許ではありません。逆に、学校だけに押し付けて家庭や地域社会が手を抜いてしまってもいけません。学校で出来ること、家庭で出来ること、地域社会で出来ることは、それぞれ違うと私たちは考えます。そして、地域社会で行う教育の重要な部分を担っている活動のひとつが「ボーイスカウト」なのです。

ボーイスカウト活動は、年齢に応じて以下の5つの部門によって構成されています;

小学校1~2年生:ビーバースカウト

小学校3~5年生:カブスカウト

小学校6年生~中学校3年生:ボーイスカウト

高校1~3年生:ベンチャースカウト

18歳~25歳:ローバースカウト

それぞれの部門にはそれぞれの年齢に応じたプログラムが用意されており、子どもたちの成長に合わせた教育が展開されて行く仕組みになっています。

詳細につきましては、当団に直接ご連絡を頂くか、日本連盟のホームページ(https://www.scout.or.jp/)をご覧ください。

ボーイスカウトに興味を持って下さった皆さんからのアプローチをお待ちしてます!